OA機器の注意点|高機能なホワイトボードを使えば書いたことをすぐに印刷できる
ウーマン

高機能なホワイトボードを使えば書いたことをすぐに印刷できる

OA機器の注意点

コピー機

複合機の契約は基本的にリース契約の方が費用面等を考えるとおすすめですが、いくつか注意点もあります。それは、複合機は契約期間中は解約することが出来ないという点です。仮に契約を終了させる場合は残金を一括でリース会社に支払わなければなりません。例えば、月々2万円の契約で2年経過していた場合、3年契約であれば残り12回分の24万円を解約時に支払う必要があります。言い換えれば、リース契約を結んだ時点でその契約期間分の代金は複合機を使用するしないに関わらず払わなければならないということになります。よって、複合機をリース契約する場合は今後何年間使用するかという見通しをあらかじめ立ててから契約を結ぶようにしましょう。

まず、複合機のリース契約の仕組みですが、顧客が希望する商品をリース会社が代わりに購入し、それを有償で貸し出すという内容の契約になります。そして、メリットとして次のような点が挙げられます。1つ目としては、初期費用が安いという点です。複合機を購入するとなると、最低でも数十万、高いものでは200万円を超える初期費用が掛かってきます。一方、リースの場合は自社で購入する訳では無い為、初期費用は安く抑えることが出来ます。次に管理事務処理の手間が掛からない点です。自社で購入するとなると、購入手続きのほかに減価償却や税金の申告などの事務処理を自社で行う必要があります。しかしリースの場合は、この手続きをリース会社が行うため、その時間を他の業務に回すことが出来ます。また、常に最良の状態を保てることも、リース契約の魅力の一つです。別途保守契約が必要になりますが、メーカーやリース会社が定期的にメンテナンスを行ってくれたり、故障時に修理を受けられるので、トラブルが起きにくくなるのです。